『景色』

まだ、まだ、緑色だ。
汗ばむ肌に風が吹き付けるようになる。
その熱を和らく感じる日が。

それでも、まだ。ああ、でも。
いつの間にか、田んぼから水がなくなる。
じきに黄金色になるんだろうか。
土が顔を出すのだろうか。

道の端に茶けた草を見つけた。
咲いている花が変わっている。
稲穂を見損ねて、他の何かが田からほんのり顔を出している。

風を涼しいと感じた。じきに冷たくなるだろう。
緑色がいくつか、黄色や赤に変わっている。
近く緑は消えて、樹上に、その下に、黄や赤、茶色の吹きだまる予兆。

ほっこりとした香りを思い出した。
じきに、その味が恋しくなるんだろう。
落ち葉を集めて焼いた思い出と共に、芋を頬張る日が近づいている。

 

Twitter300字ss
テーマ:秋 /2018.09.01.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA