『いつもの…』

 君はいつも平気そうに笑っている。
 僕が、気がついていない、と、思っているんだろう。
 僕も、気がついていない、ふりをしている。
 いつからか目の端を掠めるようになった、特有の銀色。君の鞄の中からうっかり覗く、錠剤のラベル。
 いつからか姿を見かけた。少しずつ、少しずつ、種類や数が増えるのに、気づいたけれど、知らんぷりした。

 僕の内側には、半分くらいの心配と、半分くらいの失望があった。
  その理由を明かせないほどの、重篤なモノなんだろうか。
  それを明かせないほど、信用がないんだろうか。

 白い病室で、やっと教えてくれた。
   こんな姿、見せたくなかったんだよ、と。
   何気ないやりとりだけを、憶えていて欲しかったんだよ、と。

 

Twitter300字ss
テーマ:薬/2019.02.02.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA