咲くはただ、花

 今年も神木の根元にひっそりと、赤い花が咲いた。

 神殿の者は聖女の涙と呼ぶ。
 離れた都の民は魔女の血と呼んでいるらしい。
 先帝が倒れ、皇后は藁にも縋る思いで聖とも魔ともつかぬ花の煎じ薬を求めた。
 そうして母后を救われた当代帝は、かの花を魔女の血と称することを禁じた。

 愚かしい、と村の古老はつぶやく。
 勝手よね、と、村の薬師たちはため息をつく。
 全ては加減次第なのを、使う者たちは知っている。

 都の使者が、致死と生、双方の薬を求めたこと。
 聖女の涙と魔女の血と呼ばれる二種は、同じものであること。
 使い方だと、知識層と薬師たちは皆、知っている。

 魔女は、聖女は、何者か。
 知るべくもない無垢の赤い花は、ただ、時が来れば咲く。

 

Twitter300字ss
テーマ:花/2019.04.06.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA