『森の歌』

 先を定めぬ逃亡の歩みはいつしか森に迷い込み、一度力尽きたのは巨木の根元だった。
 風の音。
 草のざわめき。
 それさえ、意識するのが難しくなる。

 そして、夢を見た。
 孤独に佇む巨木、やがてそこから注ぐ何かに誘われるように、草が、花が、木の芽が伸びる。
 伸び伸びて、増えて、孤独から解放された巨木から、何故か満足げな意思が伝わってきた。

 目を覚ます。

 深い、深い森の中、巨木にもたれ熟睡していたようだ。思いも寄らないほどに疲労が回復している。
 彼は夢を思い、周囲の森の音を思った。木の葉のすれる音、木々の発する“何か”。そして、巨木から伝わる不思議な意思。

やがて、彼は旅立つ。

森の歌を伝える吟遊詩人の伝説が、そこから始まる。

 

Twitter300字ss
テーマ:歌/2019.05.04.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA