「お題小説」カテゴリーアーカイブ

『竜たちの神話』

 かつて、巨大になりすぎた竜は空へと飛び立った。永く、永く、空の彼方へと飛翔した果てに止まり、そのまま、虚空に漂う巨大な陸になった。伝承には、そうある。

 

 巨大故に孤独となった竜の内に、ほんのりと〝何か〟が生じたのは、何時で、何故か。それは、過去の神々にも預かり知れない。神々は万能ではないし、森羅万象を司る幾種もの精霊たちもまた然り。

 孤独な竜の内、あるいは、巨大な虚空の大陸の内側に、何時しか小さな〝何か〟が灯った。
 始めは、暗闇に灯った弱い光。
 それはやがて漠然とそれぞれの形をとり、幼虫、そしてサナギへと羽化するように、地中、或いは陸たる竜の胎内に、ひっそりと、複数、生じた。始祖にして本体たる竜すら、まして精霊や旧き神々も、それを知る事は無かった。
 彼らはしばし、ひっそりと、それぞれにそこに存在した。
 やがて、その目の前に、茫洋たる卵が現れた。
 本能、と称すべきか、あるいは、それが彼らの役目だったのか。
 現れた卵を、彼らは慈しみ、抱き見守る。
 永い、永い年月、少しずつ、見守られた卵は成熟の方向へと向かう。
 それは、孤独であった大地たる竜の意志か。
 あるいは、なんらかの運命とでも称されるべきものなのか。
 判る者は無かった。知る者も、説く者も、そもそも、知覚するものすらも無かった。
 卵を抱く者ただ、本能のままにそれを守護した。
 大地となった竜にはすでに意志などなく、旧き神々や精霊はその出現すらもしらず。

 時が、過ぎる。

 幾多の自称を司る精霊らはそれぞれに、虚空の陸となった竜の上に陽光を、慈雨や嵐を、夜を、風を、その他幾多のものを注いでいた。
 かつて巨竜が飛び立った地にあった旧き神々の幾らかは、気紛れにその地に干渉をした。
 あるいは、巨竜の上昇に知らぬ間に巻き込まれた旧き樹木グドゼヴィウスの如く、ただ泰然と根付いたものもある。

 ただ、ただ、それぞれが、それぞれのあるがままに、時は過ぎる。
 パリン、という、小さな音を、意識ある超常者たちが察知するまでは。

 その音が小さくなったときから、少しずつ、大陸にこれまでとは違う異変が現れた。

 竜鱗に似た小さな虫が、地を這い始めた。あるいは、翼とも呼べぬ羽を得て飛んだ。
 それよりも大きく、獣とも竜とも酷似し、しかし別の物である幾種もの動物が、いつしか群れ、あるいは孤高の内に這いだした。

 旧き神々は察した。
 これによく似た光景を、遥か過去、すでに巨竜に絶えられずに消えた地で、見たことがある。
 鳥、獣、虫、幻獣、人。
 神々や精霊とは別種の生命。
 やがて、かつて孤独に絶えかね大陸となった竜の上に、数多の、こうした生命が出現するのだろう。

 精霊らは、ただ彼らを無邪気に祝福した。
 この地、この環境で、何が起こるか知りうる者はない。

 

 後に〝竜の大陸〟と名付ける者が現れた時代。そこには様々な種の者や人が生き、様々な解釈を、あるいは否定をした。
 それほどまでに、大陸は生命に満ち、多くの歴史を刻む。

 そこに何が介在したか、語り部なき事象は何者も知らぬまま。

 

- 了 -

『君とドラゴン』企画 @oka_reoさま


★戯れ言★ シリーズ【竜の大陸】の1エピソード
ただし、現時点ではココにすら追いついていないので、気になったらたま~にサイトかブース見てみて下さい、としか(^^;

『蝉幻想』

 どこからか、季節外れ、場所違いの蝉の声が聞こえた。
 随分昔から都市化が進み、子供の頃には泣き声で数種の区別が出来た蝉の声は、ここ最近、ほとんど聞かない。喧噪に紛れて聞こえないのかも知れず、蝉自体の種類も数も自分たちにはほとんど聞こえないほど減っているのかも知れない。
 とにかく、子供の頃の記憶をつつけば、その声は、時季外れの種類の蝉のものだった。
 童話作家を志す友人が、「それは異世界の蝉の声じゃぁないかなぁ」なんて、冗談っぽく言った。こいつは時折、物語と現実の区別をつけずに物事を言うのか、それを装ってからかっているのか、よく判らなくなる。
陽射しが暑く、少し休憩、と、飲み物を買って、都会化主義にとってつけたような森林公園に入る。
 あちこちから集めたらしき木立の真ん中に、オブジェと椅子を兼ねたような椅子。そして、人口の池が配置されている。お約束のようにゆらゆらと漂う鯉の色がちらちら見える。
ここでは、すこしばかりの蝉の声が聞こえた。この季節のもので、たしか、子供時代に一番たくさん捕まえた――つまり、数が多く頑丈な種類だ。
さきほど聞こえたものでは無い。
 人工的ではあっても、それなりの木々に囲まれ、水の流れる音を聞きながら、ふと、暑さにバテたのだろうか、と思った。さきほど、聞こえた、と思った蝉の声は、本当に蝉だったろうか。
 十歳になるかならないかの頃、近所の公園から教材モノのサンプルまで、さまざまな蝉の声を聞き、数人で種類当て競争をしたことを思い出す。そのなかに、あんな声は、あったろうか。

 すこし、ぼんやりとしていた。
 ふと、つい先ほどの、その奇妙な蝉の声が聞こえた。
 その方向を探そうとすると、ふと、空気に違和感を感じた。
 そして、周囲の景色が一転していた。
 座っているオブジェは変わらない。
 景色から、ビルの群れや車の音、都市特有の音は消え、風のそよぎと、その蝉らしき声が妙に静かな雰囲気で流れている。
 目の前の、人工池だった場所には、ごく自然な湖がキラキラと輝いて波打っている。
 大自然、というのは、こういうのだろうか。
 自分の座っているオブジェと自分自身の存在だけが、むしろそぐわないように思えた。
 ふわり、と、目の前に何かが過ぎった。
 反射的にその姿を追う。
 蝉だ。そう思った。ただし、見たことは無い、図鑑ですら。キラキラと輝いているようにさえ見えた。
 思わず立ち上がり、蝉の後を追うように動くと、湖のほとりに居た。
 蝉が湖に飛び込んだ、ような、気がした。ありえない、とは、何故か思わなかった。
 自然、湖をのぞき込むことになる。
 そこには、さっきまで居たはずの公園が映し出されていた。

 次の瞬間、公園の、人口池のほとりに立っていた。
 あの不思議な蝉の声が、一瞬だけ聞こえて、消えた。

「それ、ネタに使っていい?」
 あの奇妙な体験を、本気とも戯れ言ともつかない調子で童話作家志望の友人に話すと、喜々として訊ねられた。
「好きにしてくれ」
 そう、投げやりに応えた。

 耳の奥に、あの不思議な蝉の声はのこっている。

---------------------------

小説妖精ノベルちゃん 三題

2017/08/18 テーマ:蝉、童話、湖

『幽霊の石鹸学-序』

テーマ★#ノベルちゃん三題「幽霊、哲学、石鹸」

 

幽霊は石鹸をどうするか?
  飛ばす? ああ、ポルターガイストの定番だが、ね。
石鹸だよ。そして死した自覚の無い人だ。
  彼らは身体を清めるために石鹸を、否、消えて、幽霊になった石鹸を使う。
では、石鹸はいかにして霊になるのか、と?
  意志在る石鹸が成るのか、清めたい者の意志によって霊と化すか…か…

 

 
#ノベルちゃん三題 小説妖精ノベルちゃん

『僕、君』

★テーマ #君・僕・悪で文を作ると個性が出る

 

君も僕も、悪で、正義だ。

  誰かにとって。
    僕にとって。
    君にとって。

僕が君の無意識で傷ついているのを、君はきっと知らない。
同じくらい、僕の無意識で君が傷ついてるのも、判らない。
  せめて、僕と君の悪と正義が、等分であればいい。