お題小説

300字ss-for Twitter-

『装飾革命』

『装飾革命』 粗末な産着と日除け布。 道端の石に呪いを掛けたろう、護り石。 黄金の耳飾りが、カラリと鳴る。 手直しされた、母の古着。 村中の少年が照れくさそうに渡した、少し綺麗な色の小石を縄で括った首飾り。 豪奢なドレス...
300字ss-for Twitter-

『あちら側』

『あちら側』 深い森の中。白と緑の中にぽっかりと平らに窪んだ湖面。 女は一人、その氷上に立つ。 足下に逆さの人影が見えた。 「あなたは誰?」 問う声に応えている風情が見えるも、何も聞こえない。 助けを求めるように手を伸ばされ...
300字ss-for Twitter-

『燃えたモノ』

君は憶えているだろうか、僕たちの村で女医を包んだ、あの炎を。 貴男は覚えているだろうか、あの絵を厄災と言って燃やした魔女を。 君は憶えているだろうか、村を焼いて奪った兵士たちを。 貴男は覚えているだろうか、幾人もの村娘を炎から引き上げ...
300字ss-for Twitter-

『女の肖像』

 東の教会の影にひっそりと佇む墓標に掘られた名は、前王朝末期、最後の王妃の勘気に触れて処刑されたといわれる天才画家レガン。西の教会の地下室には、その原因となった描きかけの絵が、ひっそりとかくまわれている。 目尻に僅かに描き込まれた皺が、画...
300字ss-for Twitter-

『赤く、紅く…』

月光が異様な輝きを見せた。星たちがその余波を受けて視界から閉ざされる。深夜、真っ暗な空を、月の光だけが輝いて、地上の光すらも飲み込むように見えた。 月は赤く、紅く、朱く、瞬くように輝き始める。 陽光の反射とは全く別種の色。 瞬間から、...