お題小説

お題小説

『ある女領主』

彼に問えば必ず「応おう」と来る。応こたえた通りの結果をもたらす。  それは、戦士の理論。  違う。  彼女が欲しいのは、個としての彼の返しこたえなのだ。  主あるじであっても女で有る限り、いや、女であるからこそ、それを彼に直接に問うことは許...
お題小説

『影』

夕焼けで長く伸びた影がぐっと伸びて、やがて空に昇って夜に吸い込まれる。  ほんのりと輝く星の灯りに乗って、少しだけ、地に戻る。  やがて月が昇り、また影も地に帰る。  夜が更けて、また明けて、日が昇る。  影は地上に帰る。  帰ってきた影と...
お題小説

『救ったのは誰だ?』

「なぜ、外から援軍が!?」  将軍は驚愕した。  速やかに占領した国境の街。この街の占領は知られないよう、万全の配慮をした。  伝令は全て阻止したはずだ。救援の伝書鳩すら、ことごとく射落とさせた。  だが、現実に、奪回軍は迫りつつある。  ...
お題小説

『ひたすらに』

男は黙々と、地面を整える。  かつて彼は、軍馬でこの辺りを踏んだ。  蹄鉄が草を荒らし、その上で剣が、甲冑と槍が、ぶつかり合った。相手を、この草むらにたたき落とし、あるいは仲間が落とされた。  あの日の音や悲鳴、血臭はもう、残ってはいない。...
お題小説

『選択-眠り』

私は、眠ることを選んだ。 数人が守護が管理をするシステムに身を委ね、いつか来る楽園のような世界に目覚めるために。 夢すらない、という話は、私に関しては該当しなかった。 時間の認識はないけれど、幾つもの夢を見た。 幾つものパターンの人生を見た...